• Hazuki Kamijo

フランス映画の異才マルセル・アヌーン監督「四季」シリーズ特別上映会

企画で参加しました

ジャン=リュック・ゴダールやジャン・ユスターシュに愛されたフランスの映画作家マルセル・アヌーン(1929―2012)の四季シリーズ『夏』『冬』『春』『秋』を一挙上映。「局地的」に高く評価される一方、ヌーヴェル・ヴァーグに代表される同時代のフランス映画の潮流と一線を画して創作活動を続けた異色の映画作家初の特集。

2022年6月23日(木)―6月25日(土)(3日間) 会場:アテネ・フランセ文化センター


■上映スケジュール ※チケットは1回目上映開始の20分前から、当日上映分を販売します。

6月23日(木)

15:40『夏』(64分)17:10『冬』(78分)19:00『春』(78分)

6月24日(金)

15:40『秋』(75分)17:30『夏』(64分)19:00『冬』(78分)

6月25日(土)

13:50『春』(78分)

15:40『秋』(75分)+トーク「マルセル・アヌーンの足跡をたどる」

赤坂太輔(映画批評家)、須藤健太郎(映画批評家)

■全作品日本語字幕

■先着順/各回入替制


■料金

1回券:

一般=1200円

学生/シニア=1000円

アテネ・フランセ文化センター会員=800円

4回券:

一般/シニア/学生/会員共通=3000円


主催:アテネ・フランセ文化センター

共催:映画美学校

協力:Re:Voir、アンスティチュ・フランセ日本

企画:上條葉月



▼アテネ・フランセ文化センターHP

http://www.athenee.net/culturalcenter//program/ha/hanoun.html


マルセル・アヌーン

Marcel Hanoun

1929年チュニジア生まれ、戦後パリに移住。写真家、ジャーナリストとして活躍した後、映画制作を始める。1969年には映画批評誌「シネティック」も創刊している。1958年の長編初監督作『簡単な話』はゴダールがロッセリーニやブレッソンを引き合いに絶賛。1960年から1964年にかけてスペインに長期滞在し、短編ドキュメンタリーの連作を制作。その成果として『マドリッドの10月』(1964)を発表した。1967年の『カール・エマニュエル・ユングの真の裁判』ではゴダールやジャン・ユスターシュが協力。1968年から1972年にかけて『夏』『冬』『春』『秋』の「四季」四部作を監督。ヌーヴェル・ヴァーグを始めとする同時代の映画の潮流とは距離を置いて独自の映画表現を切り拓き、2010年の『チェロ』まで半世紀に渡って70本にも及ぶ長短編映画を制作。「局地的に」高い評価を得ていた一方で、フランス国内でも知名度の低い不遇の作家となっている。晩年もデジタルビデオで作品を発表するなど2012年に亡くなるまで意欲的に新しい映画に挑み続けた異色の映画作家である。


上映作品

夏 L’ÉTÉ

1968年/64分/35mm→デジタル版上映 監督:マルセル・アヌーン 出演:グラジエラ・ブッシ、ピエール=アンリ・ドゥロー


1968年5月の暴動から離れ、人里離れたノルマンディの田舎の家に篭った女は、一連の出来事を回想し、革命家の恋人を思う。68年に撮影され、当時の運動のスローガンや言説を引用し、主人公の物語に重ねて起きたばかりの五月革命を考察。


冬 L’HIVER

1969年/78分/35mm→デジタル版上映 監督:マルセル・アヌーン

出演:ティジアナ・シフィ、ミシェル・ロンズデール、クリスチャン・バルビエ、フレデリック・ラタン、モーリ  ス・プルノ


ベルギーのブルージュの街でドキュメンタリーを撮る監督は、映画制作が思うように進まず、女優である妻とも距離が離れていく。劇中映画の題材であるブルージュの都市や芸術をドキュメンタリー的に捉えるのではなく、映画の登場人物の思考や生活、フィクションと融合していく。


春 LE PRINTEMPS

1970年/78分/35mm→デジタル版上映 監督:マルセル・アヌーン

出演:ミシェル・ロンズデール レイモンド・ゴドー ヴェロニク・アンドリエ カトリーヌ・ビネー アンヌ=マリー・ラミエール


思春期を迎えようとしている農家の少女と、近くの森に隠れている犯罪者らしき逃亡者を並行して描く。おぼろげに描かれる家と森の距離のスリルが、出会うことのない2人に関連性を持たせ、そこにないはずの物語を生み出すアヌーンの編集が冴える。


秋 L’AUTOMNE

1972年/75分/35mm→デジタル版上映 監督:マルセル・アヌーン 出演:ミシェル・ロンズデール タミア


編集室で撮影フィルムのラッシュを見ながら編集作業をする映画監督とアシスタントの編集の女性。画面を真正面に見据え映画について語るロンズデールに魅了される。画面に向かう2人はほとんど顔を合わせないが、編集作業の会話の中で、性的な雰囲気と緊張感が生まれていく